Archive for 9月 2013

調度品から家具・家具から収納家具へ

家具は、生活空間において人間が日常を営むために使用する道具類の総称です。

日本文化の歴史の中で、家具が置かれるようになったのは、寝殿造りの住宅が建てられるようになった平安時代からだといわれています。

その頃には、小型の収納家具のようなものが置かれるようになり、高貴な身分階級の人はイスを使うこともあったようです。
平安時代には家具を「調度」とよんでいました。

家の造り方は、数寄屋造に発展していき、畳の上の住まい方は食卓にも寝室にも変化することで、家具もすぐにどけることができる大きさのものが多かったようです。

西洋では、畳の概念とは反対に、部屋ごとに役割があり寝室にはベッド、食堂にはテーブルとイスというように、すべての部屋には用途に合った家具が配置されていました。

一般的に、西洋式のイスを使う生活を「椅子式」、畳の生活様式を「平座式」といいます。

最近は、収納家具に人気があるようですが、家の寸法にピッタリのものを備え付けようとすると、既製の家具ではうまくいきませんね。
そうなると、オーダー家具ということになります。

オーダー家具で、住まいをスッキリとして、収納上手になりたいですね。
掃除機をかけるとき家具が邪魔になるのは、もう、お・し・ま・い・・ですね。

オーダー家具